みんなでマーケティング!を
応援する
矢嶋ストーリー.tokyo

この歌留多を のFAQ風に
お役立ていただきたいのです

FAQ よくある質問


Q.まずは、句のイメージを!
A.わかりました。
  たとえば、いろはの「い」は
  
  イノヴェーション
  圧倒的を
  目指すのさ

  
  となっています。
  
  この句の文意、ピンと来ますか?
  
  ヒントは「圧倒的」
  
  あなたは、イノヴェーションを
  「革新」と訳していますか?
  
  なぜ?
  誰かの受け売りですか?
  
  そうなら「革新」でも違和感は
  ないでしょうね。
  
  でも、もしあなたが、
  ビジネスの明日を決する場面で
  この言葉を用いるなら、
  「圧倒的」を選ぶはず。
  
  こんな投げ掛けが、いろはに…と
  47句続きます。


Q.何を狙っているの?
A.ビジネスに関する
  あなたの発想・認識を、
  受け売りや用語コピペの世界から
  足抜けさせよう!
  
  そう企(たくら)んでいます(笑)
  
  先ほどのイノヴェーションの例で
  触れたように、
  マーケティングの要諦は
  「何をなぜ行う?」にあります。
  
  認識や発想を
  他人任せにしてはダメなのです。
  
  もう一つだけ例を示しましょう。
  「は」の句は
  
  バリューあり?
  数値並べて
  優劣競う
です。
  
  さて、あなたは、価値value
  どう認識し、どう発想して
  ビジネスに活かしていますか?
  
  こうした問いに、みなさんが
  自信をもって答えられる!
  
  そうなれば、いいな!
  と願っているのです。


Q.そのチェックシートが…
A.この歌留多! という訳です。
  
  チェックシートですから
  お手軽がいいですよね!
  ですから…
  
  スマホ、タブレット、PCで読める
  amazon の電子書籍 kindle で
  リリースしました。
  
  通勤通学、待ち合わせ等の
  隙間時間にサクサク読んで
  認識・発想を磨いてください!


Q.分野というか、扱う範囲は?
A.中心はマーケティングです。
  
  とはいえ、視線は大きく!
  ゆえに分野も幅広く。ですから、
  
  経営・組織・消費・経済
  原理も登場します。


Q.どんなキーワードが出てきますか?
A.以下のキーワードが登場します。
  
  4C、4P、AI、BPR、C.E.O.、CSI、CSR、
  GDP、IOE、IOT、nano、O to O、
  SNS、STP、win&win、アーキテクチャ、
  アフター需要、遺伝子組み換え、
  イニシャル・コスト、イノヴェーション、…
  (数字・ABC・あいうえお順)
  
  全部で126ワード。
  詳しくは、amazon の商品説明にて!


Q.難しいですか?
A.そこそこに。
  用語解説や模範解答を越えた
  実践モードなので!
  
  でも、このタフtoughさが
  成長に効くんです。


Q.今、「実践」と言われましたが?
A.その通り。
  全ては現実ベースです。
  
  あなたが意思決定しなければ
  ならないとき…
  を想定しています。


Q.実践の具体的イメージは?
A.そうですね。
  カッコ悪くても、負け戦はしない。
  
  呉越同舟。臥薪嘗胆。
  これも戦略。
  
  「解るがウチはできない」から
  無視・撤退あり。
  
  このトーンを貫きました。


Q.マーケティングも学べますか?
A.大丈夫です。
  
  多様な学びができると思います。
  たとえば、
  以下のスタイルは、いかがでしょう?
  
  ある句の【解説】(:隠された文意)に、
  「マーケティングの基本機能=4P」は
  ミス・リードだと書きました。
  
  この文意を汲むには、未来を見据え
  「4Pの採否と、その理由」を
  自分で結論付ける必要があります。
  
  現実は、こうした判断の連続です。
  
  こんな発想をもって、
  あらためて4Pの意図と前提を
  考えてみてください。
  
  テキストを超えるって、
  こういう感覚です。


Q.深いですね…
A.確かに。
  
  でも不思議と、慣れちゃいます。
  
  そうなるために、
  まず全句を読み流してください。
  
  句の文意が読み取れなくても
  気に止めずに最後まで。
  
  そして再読を!
  
  ここからが本番です。
  47句の文意をあらためて
  推理してください。


Q.それでいいの?
A.もちろんです。
  
  解説を言い当てるのが
  ゴールじゃありません。
  
  歌留多を介して、
  何度も何度も考えるから、
  発想や認識は鍛えられるのです。
  
  議論と同じです。
  再々読、再々々読が です。


Q.値段は?
A.500円です。
  amazon の kindleでお求めください。
  購入の手順は以下の通りです。
  
  ①まずkindleアプリ(無料)を
   ダウンロードしてください。
   (ダウンロード済みの方は②へ)
  ②『歌留多』を買い求めください。
  ③購入した『歌留多』をお持ちの
   スマホ、タブレット、PCに
    配信してください。
   (kindle専用端末は不要です)
  ④これでOK。お読みいただけます。


Q.プレゼントできる?
A.はい。500円のギフト券
  amazonで購入し、メール等で
  お贈りください。
便利です。
  amazonのギフト券、デザインが豊富。
  動画のギフト券もあります。


Q.大学生ですが…楽しめますか?
A.大丈夫ですよ。

  内容は、
  大学でいうと学部と大学院の中間
  みんなでワイガヤする、
  ディスカッションのテーマと同等です。
  
  よい機会かもしれません。
  
  「我が社は、この問題をどう扱う?」を
  企業の一員(仮)になって探求ください。
  Project Based Learning や 就職活動の
  トレーニングにもなると思います。


Q.ところで出題者は?
A.矢嶋 剛(やじま たけし)と申します。
  
  シンクタンクで消費と流通の研究。その後、
  14年間の戦略共有コンサルティングを経て
  2016年から、マーケティングの綴り手に!
  (だから、この歌留多を詠めるのです)

  今も大学を少し。
  詳しい経歴は 矢嶋剛のJobGraphics
  公式サイトは 矢嶋ストーリー.tokyo
  (連絡先 は そちらに) 

いかがでしたか?
『いろは歌留多でマーケティング』
今すぐ、スタートしませんか!